双極性障害寛解したかも

双極性障害ですが、寛解に至ったかもしれません。その経験を書きます。

ステロイドパルス後 身体症状①

退院後、

仕事を再開しつつ、

ステロイドの錠剤を飲んで脱ステロイドを図りながら、

放射線治療を行った。

放射線は、たしか2週間ほどだっただろうか。

 

そのころから、体がおかしくなってきた。

それは、放射線ではなく、

ステロイドによるものだと、あとで気づいた。

 

まず、体中の筋肉がなくなってしまったような感覚。

実際、ステロイドパルスで筋力が落ちるのだ。

車を運転すると、

ハンドルを切ったつもりが、

切れていない。

車線変更したつもりが、できていない、

などと言うことが頻発した。

普通に歩いていても、

手足がぶらぶらして、あちこちにぶつけた。

だるくて座ってもいられない。

体中の骨が痛い。

 

 

私は仕方なく、杖を買って、

人が見ていないところでは使用した。

人が私を見ると、とても嫌な顔をするから。

はた目には、それほど具合が悪そうには見えないらしい。

 

病院の中では、車いすを使用した。

足は楽だが、車いすを漕ぐ手は痛いので、

ゆっくりゆっくり進んでいた。

 

病院というところは、

病人らしくしていても、だれも咎めないところだから、

気が楽だった。

 

ステロイド骨粗鬆症などにもなりやすいので、

検査を受けたりした。

 

あの状態なら、当然休職すべきだと思うが、

あの時の私には、休職という文字がなかったとしか

いいようがない。

 

なにも仕事が出来ていない状態なのに、

とにかく出勤。

でも私の仕事は半分は肉体労働なので、

とても無理。

座ってできる仕事を選んで行った。

 

 

本当に各種の身体症状が辛かったが、

しかし、本当にまずいのは

精神症状の方だった。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村