双極性障害寛解したかも

双極性障害ですが、寛解に至ったかもしれません。その経験を書きます。

うつ状態は軽快、でも謎の症状

ドグマチールで症状がそれなりに軽快した。

そのまま医師の指示通り、

3か月ほど服薬を続けた。

 

3か月で、ドグマチールを卒業し、

精神科の受診も終了となった。

 

しかし、その3か月の間に、

「股関節の痛み、手の震戦」という

よくわからない症状が出た。

発現したのは、ドグマチールを飲んで

2か月ほど経過した頃だった。

主治医にも伝えていて、

「おかしいなぁ?なんだろう?

ドグマチールを飲んでからだからなぁ・・・」

と言って、

アキネトンを処方した。

アキネトンは、

精神科の薬で出る副作用に

対応するためによく出てくる薬のようだ。

 

アキネトンを飲んでも、

股関節の痛みと手の震えは

収まりはしなかった。

 

でも、ドグマチールを飲む前よりは

それなりに生活がましになっていた。

だからあまり気にしなかった。

 

「盆に心臓を載せている状態」は

続いていて、

フラッシュバックの地雷を踏む自分を

どうにかするのに必死だったけど。

 

毎日、帰宅する車の中では

大泣きしてたけど。

 

夜の車の中というのは、 

一人だし、誰にも見られないし。

 

なんというか、

緊張や対面体裁がなくなる時間帯だったんだろうな。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村