双極性障害 目指すは完治ではなく寛解

双極性障害ですが、寛解の可能性が見えました。これまでの経緯を語ります。アラフィフ♀です。

補記

うつのドツボでどう考えるか

うつが長く続き、 もうこのまま一生上がらないんだ、 と思えた、 そんな時のことを思い出しながら、 考えたこと。 双極性障害と言うのは、 ある程度、遺伝子が関係しているという。 ということは、 この病気の人は、 ばばぬきで、遺伝子というばばを たまた…

気分屋的生き方をすると気分が安定する

「目指すは完治ではなく寛解」というブログだが、 実は、薬を飲まなくてもよい、 という段階に至る人も、 世の中にはいるらしい。 それは、完治といってもいいかも? そのためにどうすべきか、 ということに興味があれば、 神田橋條治先生の著作に関心を持つ…

補足~トラウマからの回復について

双極性障害の人は、発症したとき、何らかのライフイベントがあったことが多いと思う。平たく言えば、ストレス。 脳の病気なので、それが直接の原因というより、ストレスが脳の脆弱性を刺激した、と解釈した方がよいみたい。とはいえ、多くの人は、発症のきっ…

薬の副作用と偏見の問題

私は、双極性障害 かつ バセドウ病である。 バセドウ病も、完治への道のりはかなり長い。双極性障害は、完治はないと思っていた方がいい。 なので、薬は欠かせない。 でも、薬を飲みたくない、という人もいるようだ。 薬は私に、普通の生活をもたらしてくれ…

見抜かれるよ

このエントリーは 補足的なものである。 というか、実は 「寛解したかも」というタイトルのブログを始めたのだが、 今、軽くうつに入っていることを自覚したところだ。 私のうつは、ひっそりと、 私が思ってもみないところから入り込み、 いつのまにかデカく…