双極性障害 目指すは完治ではなく寛解

双極性障害ですが、寛解の可能性が見えました。これまでの経緯を語ります。アラフィフ♀です。

うつ病?時代

他人に迷惑をかけることは、病むことの本体の一部

私は、激鬱のときには、仕事は全部キャンセルするしかなかった。同僚と部下に任せた。 みな、自分の計画を台なしにしたことだろう。本当に申し訳のないことだった。 他人に迷惑をかけること、それは病むことの本体の一部である。それは他人にとって迷惑であ…

うつ状態~生きている意味がわからない

私には、生きている意味がなかった。少なくとも、そう感じた。 何もかもが億劫だった。何にも興味がわかなかった。生きていても、何の楽しみもなかった。意味のない生だと思った。 しかし、私には死ぬことは許されていない。父があのような形で死に、遺族が…

あたりだったのか不明 抗うつ剤による治療

週末明けの月曜日、病院に駆け込んだ私は、デパゲンを飲みきること、と言われ、それと同時に、抗うつ剤を飲み始めた。トフラニール。オレンジ色で三角の錠剤。可愛いけど、副作用はかわいくなかった。やたら口が渇くのだ。初めて飲んだ抗うつ剤だった。副作…

うつ病時代?の始まり

2月に始まったひどい躁鬱混合状態と思われる時期が過ぎ、 落ち着いてきたころ、 主治医が「そろそろよし。差し迫った感じもなくなった」 と言った。 私は徐々に仕事に復帰し始めた。 6月下旬だった。 治まったとはいえ、 主治医は、 「まだまだ用心だ!こ…